現代の会計における要点|仕事の効率化を計るためにはワークフローシステムが重要

仕事の効率化を計るためにはワークフローシステムが重要

男女

現代の会計における要点

コンサルタント

会計の代表的な基準

現代では複数の企業間での活動が活発になり、一方を親会社、他方を子会社として扱う様なグループ体制を取っているケースも増えています。それに伴い、会計の開示方式もこうした体制に対応した形式へと変化しています。その変化によって発生した形式の代表例が連結会計となっています。連結会計とはグループ内の企業における単独の会計だけで無く、グループ内のやり取りを踏まえたグループ全体としての決算を示す会計方式です。現在では上場企業では作成義務が課された会計だとされています。連結会計を行うためには、決められた手順に沿った財務諸表の作成が求められています。グループ全体の評価を1つの企業によるモノと見なすために複雑な手順を行う必要がある点に注意が必要です。具体的には、子会社として扱う企業の明示とその財務諸表によるグループ内取引や債務の消去および相殺、子会社の資産や負債の時価評価などが該当します。

処理用のシステム導入

連結会計ではこうした複雑な手順がある事に加え、制度に対応した処理を行う必要があります。加えて会計に関わる情報を余さず収集し、その真偽を確認する事も必要です。また連結改正に関する制度は特に改正される事がたびたびあり、その都度新しい基準を理解して会計に適用する必要があります。こうした事から人力だけでは対処が難しい処理になっているため、専用のソフトやシステムを導入する事が勧められる制度にもなっています。システム導入によって連結会計処理の負担を軽減する事が最大のメリットとされています。システムではデータ収集、決算処理、開示用データ作成という3つの基本段階が要素として求められます。そしてシステム自体が、グループの経営体制や規模にマッチする事が必要になります。事前にシステム提供業者との相談で、マッチするかを確認する事が勧められます。