マネジメントとしての人事|仕事の効率化を計るためにはワークフローシステムが重要

仕事の効率化を計るためにはワークフローシステムが重要

男女

マネジメントとしての人事

男女

戦略的人材育成のヒント

多くの社員を抱える企業では、個々の社員にそれぞれ適した役割を与えて会社組織を円滑に運営していかなければなりません。従来の人事に対する考え方では、役割に応じた人材を社員の中から選抜し登用する方式が中心でした。そこから一歩進んだ現在では、より能動的に人材を育成していく方向に多くの企業がシフトしつつあります。そうした中で注目を集めているのが、タレントマネジメントという考え方なのです。企業が社員という人的資産を最大限に活用していくには、1人1人異なる資質と能力を持つ社員のタレント性に着目することが必要です。それと同時に個々の持つ才能を伸ばし、組織の中で有能性を発揮できるよう育成することも欠かせません。そうした人材開発や適正配置を企業経営に生かしていこうという戦略的な取り組みが、タレントマネジメントの基本的な考え方なのです。戦略人事と人材育成を組み合わせたタレントマネジメントには、長期的な視点も必要です。次世代のリーダーに相応しい資質を持つ社員を見出して役割を与え、将来の指導者として育てる人事が企業風土を変えていくのです。そうした戦略人事を組織横断的に実現できるシステムが企業に求められています。

社員データの一元管理

タレントマネジメントの実現に向けては、何よりもまず社員情報を一元管理するためのシステムが必要です。会社組織が大きくなればなるほど膨大な社員データベースを管理しなければならないため、社員の把握は困難となります。社員データをタレントマネジメントに活用するためには、さらに高度な管理システムが必要とされるのです。そうした機運の高まりを受けて、一元管理された社員データベースに基づくタレントマネジメントシステムがITベンダーによって開発されています。システムを導入した企業では要員計画と経営目標を社員データベースと連携させながら、人事評価や学習管理に結びつけています。後継者育成計画に基づいた適材適所の戦略的人事も、タレントマネジメントシステムの得意分野です。経営規模の小さい企業では高額なシステムの導入が経営を圧迫しかねませんが、低予算で導入できるSaas型のシステムも少なくありません。こうしたタレントマネジメントシステムを活用している企業は人材育成にも成功し、競争力を強めています。経営者個人の勘や経験に頼っていた部分をIT技術に置き換えることで、今はどの企業にも飛躍のチャンスが与えられているのです。