仕事の効率化を計るためにはワークフローシステムが重要

システム

現代の会計における要点

コンサルタント

現代ではグループ体制で活動する企業が増えており、会計にもその体制に対応した基準が設けられる様になっています。その代表例となる連結会計では、グループ内の財務を整理し、グループ全体を1企業と見なした会計を導く必要があります。これには厳密な手順に沿う事が求められており、専用のシステム導入が勧められます。

詳細

コミュニケーション手段

チャット

企業において、コミュニケーションを取るための手段としては、電話やメールがある。これらに加え利用されているものとして、チャットツールがある。チャットツールでは、短いメッセージをより会話に近い形で利用できる。

詳細

内部統制によるシステム化

IT

業務の効率化に寄与

社内の決済処理などは意外と工数がかかるものです。役職が上になればなるほど一日に処理しなければならない決済事項が増加します。しかしビジネスのスピード化により決済のスピードを向上させるにも限界があります。外出せずに常にデスクに向き合っているのであれば、それも可能になるのですが、いつでもどこでも決済できるシステムがスピード化には必要になります。それがワークフローシステムです。稟議や決済事項、さらには精算などにおいてワークフローシステムは効率化を図ることができます。決裁者には、都度メールなどで決済のアラートが上がりますので、決済忘れや積堆等を発生させにくくなっているのです。決済のスピードが向上することでビジネスチャンスの拡大にもつながるのです。

クラウドがおすすめ

ワークフローシステムの導入はすでにあるシステムの改修方法と新規でシステムを構築する方法の二種類があります。最近では内部統制やコスト管理が厳しきなっている局面から多くの会社でワークフローシステムを導入する動きがみられます。新規で構築する方がコスト的に安くなる場合もありますので、状況に応じて新規と改修を検討することをおすすめします。ネットワークシステムは社内システムだけでもいいのですが、できる限りクラウドシステムを利用したほうが便利になります。社外の端末でも決済処理ができるメリットがあるためです。そのため新規で構築するのであれば、クラウドシステムを利用したワークフローシステムを組み込むことがおすすめです。

マネジメントとしての人事

男女

多くの企業では役割に合わせた人材登用という従来の考え方から脱し、人材育成を重視する方向にシフトしています。タレントマネジメントとは戦略的人事と人材育成を組み合わせた取り組みです。社員データの一元管理が可能なタレントマネジメントシステムを導入することで、戦略的人事をマネジメントに生かすことができます。

詳細